ギャラリー

2017年6月10日 更新

ケアレスミス対策

ケアレスミス対策

  「今年度募集終了」の掲載にもかかわらず中学入試や定期テスト後なので期末テストへ向けてお問い合わせありがとうございます。

 塾生には夏期講習案内をすでに配布しておりますが、来月初旬には「後期募集」を若干名予定しておりますのでしばらくお待ちくださいね。

  さて、1週間の授業野菜家で実施している各学年のテスト・・・残念ながらケアレスミスゼロではありません。

 そこで、ミスのパターン分類をしてみました。

 解答用紙に書かずに問題用紙に直接記入・・・試験慣れしていない生徒
 計算ミス・・・暗算と計算順序が一番多い
 問題の指示通りしていない・・・記号で答えていない等
 時間不足・・・問題数や解く順番を考えていない
 氏名未記入・・・最初に記入することをしていない
 時間が余って動き出す・・・見直しの方法が間違っている

 これらは「わかっているつもり」で何度もしていませんか?

 私は、「不注意!」では事故が起こることを認識してもらうために「性格的ミス」と表現を変えています。

 アクセルとブレーキを踏み間違った・一方通行を逆走してしまったというような事故とあまり変わらないからです。

 例えば、緊張状態時にはどのようになるのでしょうか?

 テスト当日「緊張して本来の力が出せなかった」「一瞬頭が真っ白になった」ということもありますね。

 今日一日で気になることが頭に浮かんで集中力が欠如していたのかもしれません。

 薬の副作用による眠気やだるさ・花粉症による鼻炎の場合もありますね。

 知識不足と経験不足(テスト不慣れ)はトレーニングで解決しやすいですが、メンタル的なことと性格的なことはパターン化しているかも

 判断していかなければなりません。

毎年の石川県高校入試の最高得点を不思議に思いませんか?90点以上がいないのです・・・トップ高校の採点基準が厳しいのでしょうか? 

 進学塾TMC http://taka-mc.com