ギャラリー

2017年5月10日 更新

大学名歴は有効!

大学名歴は有効!

  GWが終わり今月中旬以降には中学生・高校生ともに定期テストですね。

 その前に、「志望理由」を常に意識していますか?
おそらく、県内の場合・・・附属VS泉丘になるのでトップ高校ということかもしれません。

では、大学進学の目的は?
これも「いい会社に就職したいから」のようなお決まり文句ですね。

いい会社の定義
年収が高いことがNo.1のようです。

少々仕事がきつくても年収が納得できればよくてできれば安定していればもっといいそうです。
私の時代とは少し違うな?と言いたいところですが、大学名の力はあまり変わっていないようです。

① SPIテストはwebと筆記、玉手箱(両方とも基礎学力テスト共通一次のようなもの)は楽勝
② エントリーシート提出して断られる可能性はない
③ 各大学のOB/OG訪問が有効かつ院生の特別枠は推薦の条件が良い
④ 1万人応募の中で1%枠内に入り面接までは行ける
⑤ 大手6次面接(最終役員)まで行けるかは本人次第

以上の5項目旧帝国大学レベルが有利との報告です。

面接での項目で「論理にねじれがないこと」が文系・理系問わず大切でやはり経験値の高い人材は
質問内容に対してメッキをはがされることはないようです。
スキルで必要なものはやはりTOEICスコア750点以上が大手に共通しているようです。
だから、大学入試に有利な英検準1級と社会人になる前にTOEICスコア800点で英語関係はOK!

2020年の大学入試改革に心配は不要!今まで通りのステップで行きましょう!

進学塾TMC代表 髙橋 博史 http//taka-mc.com