ギャラリー

2017年3月26日 更新

店長が変わると・・・

店長が変わると・・・

 明日から春期講習です。

高校3年生後期合格者が不要になった赤本(一部FBページで写っています)を返却しに来てその量にビックリ!9か月間でそんなに解いたんだね。だからこそ後期で合格できたのはちゃんと努力を評価してくれていたんだと思います。

 さて、年齢的にスマホの細かい文字が見え辛く老眼進行中だな・・・と思っていたらパソコン専用メガネのフレームの溶接部分が壊れてしまいました。
約3年ぶりにいつものメガネ店に行くと見知らぬ店員さんばかり。

 半年前くらいに、メガネクリーニングだけでもいいから寄ってくれるようにとのハガキが来ていたので・・・

 「修理可能か?」・・・そこからの店長の応対で・・・あきらめました!

 塾業界もそうですが、私自身がそのときお世話になった店員や店長さん目当てに長いお付き合いをさせていただくタイプなので、フランチャイズ系列は、定期的に店長・教室長が移動し
最初の応対でそこから進まなくなってしまうことが多々あります。

 先日、オートバイを見に行った時もお世話になった店長が移動していましたが、新店員さんも新店長さんもうまく私の情報を確認し応対してくれたので早速見積もりをしてもらいました。

 しかし、本日のメガネ店店長さんはアルバイト女性?(ほとんど見習い同然の応対)に指示するだけで挨拶すらしない。おまけに私が購入した当時の方針(安い値段設定)とは違うので同じような商品は元々の値段になってます。
説明の内容があまりにも冷たいだけでなくいちいち女性店員が私の質問に対して聴きに行っては答えるの繰り返しで時間の無駄だと判断しました。

結局、息子がお世話になっている他店で視力検査したところ近視が弱くなっていたのでメガネを作り変えることになりました。

 反対の立場(塾長として)保護者・塾生様たちとの長いお付き合いの中で失礼の無いように自己の態度を振り返ることにしました。

 
進学塾TMC代表 髙橋 博史 http//taka-mc.com