ギャラリー

2017年4月18日 更新

新学期が始まり2週目ですね。

新学期が始まり2週目ですね。
世間の動きに合わせると来週終われば、ゴールデンウィーク

しかし、5月半ばには定期テストがあり週単位でのするべきことは先延ばしにしてはいられません。

 新小学1年生の実情を昨年以前と比較してはっきりしてきたことがあります。

 幼児の時期に家庭内で母親がどのように接してきているか?「甘やかし」の度合いのようなものです。

 もちろん、兄姉弟妹がいるいないや両親が共働き・延長保育の実態などいろんな要素があります。

 以前、金沢大学附属小学校受験にはペーパーテストがないので「読み・書き・計算」等の対策は必要がないと言われた・・・

 しかし、実は計算(掛け算)ができるかどうかのチェックが授業時に行われています。

 その前にきちんと椅子に座り先生の話を聞き理解し行動できるか?そこには
自立的な要素と忍耐の要素が含まれています。

 園児や小学校低学年に女の先生が多いのは「母親的要素」が必要な時期だからかもしれませんが、父親の存在感をしっかりと持たせることができることがもっと必要だと年々実感しています。

 父親が必要な時期に不在で存在感が不足していると「甘え」の部分と「甘やかし」がどうしても増えていきます。

 なぜ、進学塾TMCには中学生以上になると男子塾生が多いのか?
女子学生は男子顔負けのタイプ(いい意味で)だけが残り、目標がはっきりしているメンバーはアドバイスのできる父親的存在を求めているからかもしれません。

進学塾TMC http//taka-mc.com