ギャラリー

2017年9月19日 更新

現年中・年長生で小学校受験お考えでしたら

現年中・年長生で小学校受験お考えでしたら

国立大学附属の位置づけが変化していきます。
大学実績が良いから進学させてきたのを、優秀生がいなくなるかもしれません。

教員養成の観点から長年「研究校」としての取り組みをしていますね。
教育実習の期間が長い
算数科が特に研究発表をしている
附属高校の大学実績がすばらしい(進学校)

国立大学附属小学校の入試内容は各学校によって違いますが、ペーパーテストを実施しない「金沢大学附属小学校」においてはすでに地元塾では、ペーパーテスト対策が不要なので「読み・書き・計算」を軽視しているようです。

事実、今年の夏休みの宿題内容をみても例年読書50冊から30冊と減少し、
地元公立小学校の10冊とワークで同じ程度になってしまいました。

「楽になった!」は大きな勘違いです!!
泉丘高校に人気が移行し、高峰賞をはじめとして「附属高校推薦条件」の各賞を目指す生徒も減少しているようです。

つまり、全国的には相変わらず難関大学合格のための逆算による中学入試市場で成立しています。

 2020年の大学入試改革は、

科目的なことよりも受験生のタイプ別入試合格戦略が必要です。
一般入試なのか特別枠(推薦・AO入試)なのか高校選びの段階から考えていかなければなりません。

 どんどん「実学志向」に大学はなっていかなければ生き残れませんから
ますます2極化は避けられません。
 その点では、入試も国立型VS私立型だけではなく、上記の一般型VS特別枠型に移行していきます。
 「暗記型」では通用しない「探求型」「問題解決型」入試に対応するためには
最低の基礎学力だけでなく「経験値」が必要です。

 10分・15分間での処理能力は「速読・即解」しいては「即断・即決」につながっていきます。

 日常的に「自分で意識的に考えて行動していない」
例えば
「自宅から目的地まで送迎をしてもらう」
「雨が降っていても自分で傘をささない」
幼少時期に「過保護」にするとほとんど自分では考えることはしなくなります。

 学校から自宅までの道順やかかった時間がわからないのに「距離・時間・速さ」の算数問題は解けても実感がなく有効活用できませんね。

結局は「家庭環境」「学習環境」の再チェックが優先になっていきます。

 すでに新年度募集に対するお問い合わせをいただいていますが、入塾テスト内容は「家庭環境」「学習環境」をどうしていけるか?であってペーパーテストではありません。

 次世代は、まだ見たこともない職業に80%就くと言われていますね。
目先のことから就職・結婚までのスパンを見据えながら「共育」していかなければならないので、「読み・書き・計算・アルファベット・タブレット検索」くらいできるようになって小学校入試にチャレンジしていけるようにしませんか?

 進学塾TMC http//taka-mc.com