ギャラリー

2017年10月3日 更新

高額収入よりも社会貢献

高額収入よりも社会貢献

 先月は、各種セミナーに多く参加させていただき多くの刺激を頂戴しました。
中でも、「安定志向」から高学歴→国家公務員の発送が増えている高校生を塾生に観ながらその先にある
安定の大企業から退社してまでもやりがいのある仕事をして社会貢献していく20代後半から30代の起業家が増えていること!

 事実、塾業界でも大学時代から塾講師をしていてそのまま社会人として入社し管理職経験したところで独立するのは珍しくはありません。
石川県では50以上の塾がそのような軽易なのではないでしょうか?

 しかし、国内向けではなく「新興国」の発展のために現地生産や現地採用をしながら日本の技術を生かしながらその国の人々の生活向上に貢献する
 すばらしいではないですか?

 年金どうなるんや?高齢者の定義を65歳から75歳に引き上げて働かせていこう!というネガティブ発想の内容ではなくまさしくグローバルな視点での
協働は次世代育成のヒントになりますね。

進学塾TMC代表 髙橋 博史 http//taka-mc.com